記事『<私立高入試相談>合格「確約」埼玉で常態化』を読んで

 
うちの親戚も埼玉なので、3年前 北辰で幾つで、部活に入っていると1加点され、奉仕作業も加点対象で などと話しておりました。

試験では ないので、面接日が4,5日(9月頃がら 月一日くらい開催)あり、仮に そこで落とされても その後の北辰テストの成績が上がれば 再度 面接で提示して 合格って事も。
それが 期間内なら何度でも。
オカシイでしょ?

他県の人から見ると、試験も受けず、北辰の結果と成績表の提出で 合否の判断され 異常な状態に見えました。

親も埼玉に住み続けている人なので それが普通って思っています。
 

成績表だって 絶対評価でなく相対評価なので、人数の多い中学校だと 評価が下がる事だってありえます。
反対に 人数の少ない中学校だと 県中学生全体のの偏差値だと低いのに 人数が少ないく レベルが低い所なら評価が真ん中って事も。

その子も 今度 大学受験。
 
今の高校で頑張ったので、成績は優秀。
私立大学で推薦を貰うべく、選ぶ際、内容は 高校受験と同じよう。
 
3年の前期までの成績(平均点)を提出のみ、形式上 面接や小論文を伴う所もあるようですが、ほとんど成績のみ。
 
その子も 1次通過し、あとは小論文。
名前と少し書ければ 合格なのでしょう。
 
高校にも 上中下とあり、上位の学校の下の子と下の学校のトップの子では 成績表では雲泥の差があっても、実力では 完全に逆転しております。
でも まぁ 募集している大学も それなりの学校が多いようですが。
 
高校にしても、大学にしても 少子化で 運営が厳しいのを想定して、早めの確保に乗り出すがために、異常な事態に変化し、人質を取れた親は それに従うしか道がないのが現状です。
 
これからの未来を担う彼等、彼女等が 成績や学校に囚われる事無く、色々な分野で 能力を発揮してもらいたいです。
 
また 自分の子達にも そう教えていきたい。
親心としては、曲がりくねった道より、真っ直ぐな道を歩んでもらいたいけど、自分の納得するゴール(妥協したゴールではなく)に向かって。
 
 
戦後、高度生成長期を過ぎ、バブルが弾けた辺りから、年々 先の見通しが難しくなりつつあります。
 
この先 20年、30年先など どうなっている事やら。
 
日本自体も 破産や戦争だって 夢の話ではなくなっています。
 
 
その時代、その時代を よく読み、また 自分の生き方を曲げず、かといって 異端にならず、生き抜いてほしいものです。
 
このような人になりたいし、なってほしい。
人も喜び、自分も生きる事に繋がるって人に。